「転職」「転職 サイト」「求人 転職」「転職 情報」「転職 求人」「転職 面接」の人材情報Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フリーター、派遣社員から正社員へ
2008年度の新卒採用が、バブル後過去最高の求人数!
就職氷河期でやむを得ず、フリーター、派遣社員で働いている方は、
非常に寂しい気持ちではないでしょうか。

ただし、今年はぜひ、勝負の年だと考えてください。

なぜかというと、バブル後過去最高の求人数があって、
その人員が充足することはまず、ありえないからです。
新卒採用が多い企業は、同時に中途採用もそれだけやっているとみていいでしょう。
と考えると、過去最高の求人数を記録した今年ならば、
中途採用でも正社員になれる期待が持てるということです。

しかし、書類通過できず、なかなか面接にもいかない。。。
そんな不満を持つ方もいるでしょう。

そこで、こんなサイトを見つけてきました。

ぜひ、この正社員へのノウハウがつまったサイトで、
情報を集めて、正社員への道を切り開いてください。

>>派遣、フリーターから正社員へ …正社員へのノウハウが満載!

また、もう一つ! 女性の転職に関するサイトも用意しました。
今後のキャリアを考える上で、ぜひ、活用してみてください。

>>女性の転職サポート …女性の転職に関するノウハウが満載!
スポンサーサイト
リクルートエージェントは国内最大の人材紹介会社です
リクルートエージェントは、日本の動きが一番分かる企業です。

リクルートエージェントは、一番、人材の動きを身近に感じながら事業を展開しています。
なぜなら、採用は事業の最も大事な部分。人がいなければ、事業は動かないからです。ここに最も、深く関わっているのが、リクルートエージェントです。では、リクルートと何が違うかというと、リクルートは媒体がメイン。でも、リクルートエージェントは、「人材紹介」がメインになります。


では、リクルートエージェントが人材紹介であることでなぜ、深く関わるようになるのか。それは、新規事業や大きな事業拡大など、あまり公にだせない採用や企業人事に関わっているからです。よく、リクルートエージェントのCMで非公開求人って見ますよね。これです!公にならない求人です。リクルートエージェントは企業のこの公にならない採用に関わっているのです。ですから、もし、あなたが転職を考えるのならば、リクルートエージェントを選択するのは、一つの大事なセレクトです。リクルートエージェントの情報は質が違うと考えてください。

>>リクルートエージェントを使って、転職しよう!
リクルート調べ―大卒・院卒の求人総数は過去最高!
リクルートがまとめた調査によると2008年の3月卒業予定の
大学生、大学院生の求人総数は、93万2600人で過去最高を記録。
改めて、大企業を中心に好景気に湧いている状態が浮き彫りになりました。

気になる求人倍率は、2.14倍。
自分は就職氷河期にあたるので、1倍もありませんでした。
今の学生がうらやましい限りです。


ただ、悲観することもありません。
これだけ、求人があれば、まず、絶対に新卒だけでは
この採用が充足することはありえないからです。
つまり、中途採用にこの枠が割り当てられる可能性が大。
特に、早急に人材確保がひつような企業は新卒か、
中途採用か、決めている余裕はないでしょう。

転職を考えている方は今年が勝負の年と考えていいでしょう。
ぜひ、最高の転職を勝ち取ってください。


【お薦めする人材紹介会社リストへのリンク】

>>人材紹介会社へのリンク …登録は無料!

※人材紹介会社を利用した転職者の60%以上は年収アップに成功!
※人材紹介会社に属するキャリアアドバイザーの半数は女性です。
※土日の求人、転職相談もOKです!
※個人的に最もお薦めしたいのは「リクルートエージェント」
人材紹介とは ※人材派遣とは異なります
人材紹介とは、職業紹介のこと。

職業紹介(しょくぎょうしょうかい)とは、就職・転職の仲介を行う事業のことで、日本においては、厚生労働大臣の許可を受けた職業紹介事業者が、転職を希望する求職者と労働者を求める企業との仲介を行って、双方の要求を満たすような転職の実現を目的とするサービス業を提供する。企業側は 戦力となる労働者を「人材」と呼称することがあり、一般に「人材紹介」という言葉も使用されることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

>>人材紹介会社のメリット! 人材派遣とは違いますよ!
パソナとは
株式会社パソナ(Pasona Inc.)は、日本の大手人材派遣会社である。本社所在地は東京都千代田区。日本人材派遣協会会員。

* 1976年2月 大阪市北区に、人材派遣事業を主業務として「株式会社 テンポラリーセンター」を設立
* 1986年7月 労働者派遣法の施行により、一般労働者派遣事業許可を取得
* 1999年12月 「株式会社パソナ」と、「株式会社パソナサンライズ」の2社、東京都千代田区一ツ橋に本社を移転
* 2001年12月 大阪証券取引所 ナスダック・ジャパン市場(現 ヘラクレス)に上場
* 2002年10月 テンプスタッフ株式会社、株式会社リクルートスタッフィングと3社共同出資で、人材派遣一括管理システム「e-staffing」を提供する「株式会社イー・スタッフィング」設立
* 2003年6月 教育事業を展開する河合塾と共同で、各種試験に関わる業務のアウトソーシングサービスを行う、「株式会社全国試験運営センター」設立
* 2003年10月 東京証券取引所市場第一部に上場
* 2004年3月 「株式会社パソナテック」が日本証券業協会(ジャスダック)に店頭登録
* 2004年9月 若年層への就職支援をより充実させるべく新卒派遣事業部を分社化。新卒・第二新卒に特化した人材派遣/人材紹介を行う「株式会社パソナオン」(現 株式会社パソナユース)として事業開始
* 2004年11月 東京都千代田区大手町に本社を移転 (大手町野村ビル)
* 2005年11月 日本初となる紹介予定派遣の専門会社 「株式会社 パソナ テンプ トゥ パーム」設立
* 2006年3月 中国で日系企業を中心に人材紹介サービスを行う「Pasona Human Resources(Shanghai)Co.,Ltd」を設立
* 2006年3月 「株式会社 ベネフィット・ワン」が東京証券取引所第二部に上場。
* 2006年4月 「株式会社エディオン」との共同出資で、エディオングループの家電量販店への派遣業務を中心に行う「株式会社 パソナeプロフェッショナル」を設立
* 2007年2月 竹中平蔵が特別顧問になる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インテリジェンスとは
株式会社インテリジェンス('"いんてりじぇんす'"、英文名称:'"Intelligence,Ltd.'")は、総合人材サービス会社である。

アルバイト紹介事業やメディア事業に強い学生援護会と事業の相互補完をする目的で、2006年7月1日に学生援護会を吸収合併。リクルートに次ぐ規模となっている。

取締役会長の宇野康秀は創業者であり、合併直前までは33.11%の株式を保有する筆頭株主であった。宇野康秀が、父親の死に伴いUSEN(旧・大阪有線放送社→有線ブロードネットワークス)の株式と経営を引き継いだことから、USENとは兄弟会社といわれていた。

株式会社学生援護会との合併に際して、USENが学生援護会の筆頭株主であったカーライル・ジャパン・パートナーズLPから学生援護会株式の40.01%を取得したため、合併によりUSENが第2位の株主(17.45%)となった。さらに、2006年7月27日には、 USENは筆頭株主の宇野康秀からインテリジェンス株式21.57%も取得。USENが40.04%の株式を保有することとなり、USENグループ入りした。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


>>インテリジェンスの詳細情報はコチラ!




リクルートエージェントとは
株式会社リクルートエージェント (RECRUIT AGENT CO,.LTD) はリクルートグループの転職エージェント(人材紹介会社)である。 1977年11月に設立され、2006年4月に株式会社リクルートエイブリックから株式会社リクルートエージェントに社名を変更した。

本社は、東京都千代田区霞ヶ関3-2-5霞ヶ関ビル10Fに置き、支社は12ケ所ある。

代表取締役社長は村井満。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人材紹介会社なら、リクルートエージェントがお薦めです!
人材紹介会社での面接対策をお話します。
というのは、人材紹介会社には、
今までに面接してNGだったレポートが大量にフィードバックされています。

ようするに、

「こんな内容の話、こんな態度がNG」

というやつです。
それならば、たくさんフィードバックが多い人材紹介会社に登録して、
面接対策をした方がいいよねって話になります。


そう! だから、面接対策にお薦めしたいのが
リクルートエージェント。


リクルートエージェントは、人材紹介会社でNo.1の規模を誇ります。
求人数も一番。キャリアアドバイザーの数もNo.1です。

だからこそ、今までのノウハウが一番蓄積されています。
正直、紹介される求人数も一番多いため、
転職時に登録しておいて、絶対に損はないと思います。


それで、リクルートエージェントに絡む情報サイトをご紹介。
ぜひ、リクルートエージェントに登録して、
面接対策をして、万全の態勢で本番に臨んでください。

面接対策には、人材紹介会社を活用しましょう
面接対策に困る方って多いですよね。

会社の同僚に手伝ってもらうわけにもいかないですしね。
友達に人事がいれば、お願いするのも手??(苦笑


そんな面接対策に困っているあなたは絶対に
人材紹介会社に登録することをお薦めします。


人材紹介会社って何?っていう方のために簡単に説明。


人材紹介会社は、登録した転職者をキャリアカウンセラーが全面支援。
面接対策から案件の紹介、面接時間の調整、
さらには、内定後の給与交渉もやってくれます。


しかも、これが全部、無料で受けられます。


専門家があなたをバックアップしつつ、
そのサービスが無料で受けられるわけだから、
絶対に使うべきです。

面接先の企業に詳しいキャリアカウンセラーが
模擬面接もやってくれるので、対策はばっちりでしょう。

繰り返します。

面接対策をしたいなら、絶対に人材紹介会社を活用しましょう!!


>>人材紹介会社って何?

テーマ:私さがし・仕事探し - ジャンル:就職・お仕事

面接対策 それなら企業ホームページを活用しよう!
面接対策で必要なことに企業ホームページのチェックが有効です。
これは、昨日も話をしました。

なぜか。


それは、現在、ホームページの情報は、
求人広告以外の重要な情報提供の場になっているからです。

詳しく話をしましょう。

大抵、求人を行っている企業は、
転職サイトなどに求人広告を掲載しています。
でもね。転職サイトを見て、気になった企業がある場合、
約9割の人が企業ホームページをチェックしているのです。

そうなると、求人広告と同様の情報提供が
企業ホームページには求められているのです。


だから、企業のホームページには、
企業を代表するエース社員のコメントや人事のコメント、
また、職場写真など充実しているケースが多いです。
とくにエース社員のコメントは
面接対策のための志望動機や転職先企業でやりたいことの
明確化につながると思います。

ぜひ、企業ホームページを参考にして、
面接対策をするようにこころがけてください。
面接前にきちんと企業勉強していますか?
面接の前にしなければならないこと。
それは、企業勉強です。

どんな事業をしていて、
それにどんな仕事があるのか。

そして、どんな面白みがあるのか。

たくさん、企業のホームページの掲載されています。
これ、きちんと読んでくださいね。


個人的には、ひととおりは読むことをお薦めします。
大手企業でないかぎりはそんなに時間はかかりません。

たぶん、20分もあれば十分でしょう。


それで、今は新卒やキャリア採用用に
社員のインタビューなどが掲載されているケースが多いです。
これ、やりがいとかありますよね。
すごく参考になります。
これ、参考にして動機とか考えればいいんです。
ほかにも、ホームページ内にある情報は面接に役立つ情報が満載です。

絶対に忘れないようにしてください。

それと、面接対策で良さそうなサイトを発見!
こちらもぜひ、参考にしてみてください。


>>面接対策!それならここです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。